« 浴衣で銀ブラ | トップページ | 地上41階で味わう花火。 »

ゆかた美人道

Cimg0952b

六本木ヒルズ・アーテリジェントスクールにて

『ゆかた美人道 和装時の立ち居振る舞いと簡単アップアレンジ術』

を行いました。写真には写っていませんが浴衣をお召しになられた方もいらっしゃって、会場は和の雰囲気でいっぱいでCimg1551aした。

今年は特に浴衣が流行っていますので、みなさんもたくさん浴衣を着て外出してみましょう。

日本人に生まれて良かったな!って実感できますよ。

Cimg1550a浴衣を着たときは、肌の露出が少ない分、肌が見えるところに気を配りましょう。

特に注意しなくてはいけないのは、腕と襟元です。

袖口から腕がたくさん見えるのは見苦しいし、着崩れの原因になります。

ですから、物を取ったり、電車のつり革につかまったりする時は、腕が出る袖口の反対の手で押さえます。

また襟元は、着崩れないようにしっかり補正しときましょう。

そして重要なのは、袖口や襟元などを、適宜気にすることです。

その仕草が、肌を露出する以上に色っぽいのです。

ゆかた美人道でのワンポイントアドバイスでした!

浴衣でも、もちろんモテましょうね。

|

« 浴衣で銀ブラ | トップページ | 地上41階で味わう花火。 »

マナー講師のお仕事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73219/2909335

この記事へのトラックバック一覧です: ゆかた美人道:

« 浴衣で銀ブラ | トップページ | 地上41階で味わう花火。 »