« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

袴姿の私

着付Cimg1599aけ教室で、袴の着付けを習いました。

気分はタカラジェンヌ。もちろん男役のスターです!!

実際に私の父はタカラジェンヌにさせたかったのですが、その当時クラシックバレエを14年間続けていた私に、あの和洋折衷な雰囲気はピンとこなくて受験しませんでした。

思いっきりバレエの洋風な世界にしか興味がなかったのです。

大人にCimg1602aなってから着付けとか和ものが好きになりました。

またCA時代、伊丹ステイの時に、本場の宝塚劇場で見たタカラジェンヌ達をを見て

タカラジェンヌも良かったかも・・・と思ったりもして。

女の子が生まれたら宝塚音楽学校に入れようかしら?なんて少し思ってます。

| | トラックバック (0)

ゆきちゃん誕生日

Cimg1638b_1 Cimg1639a_1 昨日は義姉の誕生日会を我が家でしました。

親戚がたくさん集まって賑やかで楽しかったです。

お揃いのJALスチュワーデスエプロンを着ました。

ゆきちゃんもまるでスチュワーデスになっちゃいました!

ケーキ、お鮨、ローストビーフ、煮物・・・・全部美味しかったです。

| | トラックバック (0)

地上41階で味わう花火。

Cimg1612a_1 Cimg1616a_1 東京湾花火大会に行きました。

汐留にあるFish Bank Tokyo41階で花火とグローバルフレンチを堪能。

シャンパンの泡と、浴衣姿の私の気分も高揚。

ジャズ演奏とトリュフが大きめにスライスしてあったステーキも最高でした。

窓辺にCimg1623a_1は、同じ高さCimg1627a_1で見る花火もなかなかのもの。

ジャズ演奏と花火のドーンという音も、完璧にマリアージュ。

CA時代に見たLAの花火大会を彷彿させました。

でも昨Cimg1625a_1晩の花火大会が一番ロマンティックでしたよ。

来年も絶対見たい!

季節のイベントって大切ですよね!!!

 

| | トラックバック (0)

ゆかた美人道

Cimg0952b

六本木ヒルズ・アーテリジェントスクールにて

『ゆかた美人道 和装時の立ち居振る舞いと簡単アップアレンジ術』

を行いました。写真には写っていませんが浴衣をお召しになられた方もいらっしゃって、会場は和の雰囲気でいっぱいでCimg1551aした。

今年は特に浴衣が流行っていますので、みなさんもたくさん浴衣を着て外出してみましょう。

日本人に生まれて良かったな!って実感できますよ。

Cimg1550a浴衣を着たときは、肌の露出が少ない分、肌が見えるところに気を配りましょう。

特に注意しなくてはいけないのは、腕と襟元です。

袖口から腕がたくさん見えるのは見苦しいし、着崩れの原因になります。

ですから、物を取ったり、電車のつり革につかまったりする時は、腕が出る袖口の反対の手で押さえます。

また襟元は、着崩れないようにしっかり補正しときましょう。

そして重要なのは、袖口や襟元などを、適宜気にすることです。

その仕草が、肌を露出する以上に色っぽいのです。

ゆかた美人道でのワンポイントアドバイスでした!

浴衣でも、もちろんモテましょうね。

| | トラックバック (0)

浴衣で銀ブラ

浴衣をCimg1555a着て、JAL時代の同期 真弓さんと銀ブラです。

 ミキモト風鈴前では、外国人の女性に写真を撮らせて下さい!と声をかCimg1559a_1けられたりと、注目度満点で楽しかったです。

二枚目の写真は天賞堂角の天使。

Cimg1565a_1 良し良ししてきました!

益々いいことが起こりそうです。ワクワク・・・

三枚目の写真は4丁目交差点三愛ビル角のごろべえ。

ごろべえもなでなで!してきました。

真弓さんから、サプライズで花束と本をいただきました。

お花選Cimg1566aびのセンスがとても素敵でした。

清潔感が溢れていて、たおやかで、知的。。。それが真弓さんの印Cimg1568a象。

この花束は時計草とトルコキキョウ で、真弓さんの雰囲気にピッタリ。私は白のオールドローズと、カサブランカが大好きなのですが、時計草とトルコキキョウ  も清楚で浴衣姿にはピッタリ。

とても嬉しかったです。

また好きなお花の種類が増えてしまいました。

そして本は、『ドラッカー20世紀を生きて』 ピーター・ドラッカーの本です。

まだ70ページしか読んでないのですが、その中で心に響いた言葉は、

「学ぶためには教えなければならない。教える側が教えられる以上に多くを学べるのだから」

というところ・・・やはり人に教えるということは、とても刺激的な事だと思います。

そして私も生涯学び続けるためには、マナー講師という職業はとても良い仕事だと思いました。

また私も、最高の師と出会いたいと思いました。ドラッガーは、「有能な師はいても偉大な師はいない。」と述べてます。

皆さんも最高の師と出会えていますか?出会えている方は羨ましいですね。

その出会いを大切にされて下さい。

楽しく銀ブラするのも、たくさん学べる読書も、そしてお花をプレゼントされるのも全部大好き。

最高に楽しかった!

   

| | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »